女の人

夏バテ対策には栄養豊富な水素水などで水分をするのがおすすめ

別名ドラゴンフルーツとは

ドラゴンフルーツ

ピタヤは、南国の果樹の1つで、その皮が竜のウロコのように見えるところからドラゴンフルーツの別名があります。種類はいくつかあって、皮や果実の色が白や赤、黄色、桃色などで、それぞれ味や食感に特徴があります。ピタヤの主な産地は、中央アメリカですが、日本でも沖縄を中心にして九州の一部でも生産されています。ピタヤの採れるシーズンは、初夏から秋にかけてですが、種類によって時期は若干ずれます。ピタヤの味は、種類によって少し違うこともありますが、基本的にさっぱりした甘さが特徴です。購入するときには、皮がはっていてウロコの部分がしなびていないものを選ぶと良いそうです。ただし、あまり日もちのしない果樹ですから、早めに食べてしまいましょう。

ピタヤには、カリウムが多く含まれています。カリウムは塩分の元であるナトリウムを体外に排出する作用がありますので、塩分過多による高血圧の予防効果があります。また、血管系の病気である動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞を防ぐ効果も期待できます。カリウムの他に、ピタヤは葉酸も他の食材に比べ多く含まれています。葉酸は、特に妊娠前後の女性に多めの摂取が進められていて、胎児の健康を増進する物質です。その他には、赤ワインで有名なポリフェノールの一種を含む種類のピタヤもあります。それは、赤い色をしたピタヤの実の中の含まれています。ポリフェノールは、体内の活性酸素を取り除く作用がある物質で、健康に良いことはみなさんご存知でしょう。